敷地の「ぬかるみ」対策 DIYでできるか?!

お庭や駐車スペースで雨が降ったりしてぬかるんで困っていませんか。自分で土を入れて勾配をつけてはみたものの、地面に浸み込む様子はないし、勾配に沿って流れているようでもない。雨がやんで何日かたっても、なかなか水分が抜けずどろどろのままで、車で通るとわだちができてしまい、乾いた時には地面がボコボコ。こんな大変な思いはできるだけ早く解決したいですね。
このページでは、自分でDIYで行う方法とプロにお願いする場合の依頼のポイントを解説しています。

敷地の「ぬかるみ」対策 DIYでできるか?!

 

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]


「ぬかるみ」はなぜ起きるの?

お庭や駐車スペースに「ぬかるみ」があると本当に困ったものです。「ぬかるみ」の対策には「ぬかるみ」ができる原因を突き止めなければ、対策の方法も検討できません。まずはその場所がどういう土質なのか、傾斜、排水などを観察して考えてみてくださいね。

土質の種類

地面がぬかるむのは、基本的にはその土地の土質が一番の原因。粘土質や赤土質、園芸用などで知られる真砂土(まさつち)などが敷かれている場合が多いですが、粘土質系の地盤は浸透性が低く水はけが悪い。更に水を含んだ後は水が抜けぬくいという特徴があります。また、元々田んぼだった場所に真砂土などを入れて造成した場合などは、下が粘土質で表面が真砂土というケースも多いようです。


土の劣化

 

駐車スペースなどでは、土の上に砕石などを敷いている場合がありますが、この砕石も雨水が流れるときに一緒に流れる場合や下の層の土が軟らかくなり、地面に埋もれていったり、表面の細かい土や小石などが流れたりする場合に、最終的に土泥が表面に残った状態となり、雨が降るとぬかるみができるという状態になります。


水が抜けにくい

雨水はその土地から流れ出るか、地面に浸み込んでいくかのどちらかしかありません。地面に勾配がなく、且つ、土質で浸み込まない場合に、雨水の逃げ道がなく、その場に水が溜まってしまい、水たまりやぬかるみを作ることとなります。


「ぬかるみ」をなくすには?

まずは土質を見てみましょう。粘土質のような水の浸透性の悪い土の場合は、粘土質の土の上に水の浸透しやすい土や砂利を敷く、暗渠排水や排水設備を取り付けるという方法がありますが、土地の土質と予算と労力を考えて、検討してみてくださいね。

傾斜をつける

水たまりができる原因は、水がたまって流れないことと土の中に浸透しないことですが、雨水の3割は地面に浸透しますが7割は地表を移動すると言われています。従い、この地表を流れる水を地面の傾斜に沿って、敷地外に流すことができれば、水たまりやぬかるみになることは防止できるかも知れません。


固まる土

出典:コメリドットコム https://www.komeri.com/

ホームセンターや通販などで「固まる土」が販売されています。固まる土は人が歩く程度であれば良いですが、車やバイクが通る場合には、すぐにひび割れなどを起こしてしまいます。また耐久性があまりないため、数年でひびが入る場合もあります。固まる土の施工はDIYで簡単にできますが、平らにならし転圧をかけることが必要です。


人工芝

出典:コメリドットコム https://www.komeri.com/

人工芝も「ぬかるみ対策」になります。ぬかるんでいる場所を平滑にした後に砂で下地を作り、その上から人工芝を張ります。人工芝も耐久性に優れているものでも10年もすれば、破れたりひび割れたりしますので、雑草が生えてきたり、下の土に水を含んで乾燥しにくくなったりする場合もあります。


砂利・砕石

駐車スペースに砂利が敷いてあるのはよくみかけますね。砂利敷きであればご自身のDIYでも施工できる範囲ではないでしょうか。砂利の場合は、単に元々の土の上に砂利を敷くだけでも一定の効果がありますが、水たまりやぬかるみの対策であれば、人の歩く所であれば、3cm~5cm、車が通る所であれば5cm~10cmも厚みが欲しい所です。そうすれば、地表に水たまりができるということは少なくなります。但し、砂利敷きの場合は、時間が経つと砂利が酸くなるなるので補充が必要であったり、砂利の種類や駐車スペースであれば砕石の種類なども検討する必要があります。


このような様々なDIYの方法がありますし、既に実践された方も多いと思いますが、どうも上手くいかない場合は、ひとつの方法だけではなく、いくつかの方法を組み合わせて考えてみてください。土を入れる・勾配を付ける・排水構を設けるなど、複数の施策で解決する場合もあります。でも、水たまりやぬかるみが解消されない場合はプロにお願いしましょう。

プロが施す方法はお客様のご要望と、その土地の利用方法により、おすすめする施工方法は異なります。これまで施工させていただいたケースでは、土の入れ替え、砂利(砕石)を敷く、土間コンクリート敷設する、暗渠排水を設置する、排水設備を設置という方法がありますが、土質の種類、地面の高さ、敷地の面積などにより、最適な方法は異なりますので現地調査が重要になってきます。

ご自分でDIYを行うのは大変、そんな時間はないという場合は、プロに頼んでみましょう。


プロに依頼する場合のポイント

プロの業者に依頼すると、やはり餅は餅屋さんです。当然素人さんの施工に比べ、きれいに仕上げてくれますし、その土地の土質に合った方法やその土地の使用方法などから、的確な提案をしてくれます。また、暗渠排水や排水設備の設置などは自分でやるには大変ですので、プロに依頼することを前提として検討した方が良いでしょう。このように、まずはDIYで何種類かの方法を試してみる。それでも上手くいかない場合はプロに依頼することを検討しますが、プロに依頼する場合は、全てをプロの依頼するのか、一部は自分でやるのかなどのように、自分でできない事だけをプロに依頼するという方法もあります。

また、外構工事は土留めだけ行うというケースから、一面に土間コンクリートを敷設するという場合など、その対応範囲も広く、故に工事代金も幅があります。従って、どこまでのことをどの程度の費用でやりたいのか。どこまでのことをどの程度の費用で施工してくれるのかということを見極めることが肝要になってきます。なぜなら、外構工事のプロといっても業者により、土木工事が専門なのか、ブロック工事が専門なのか、コンクリート敷設が専門なのか、または、エクステリア販売が専門なのかにより、得意分野は異なってきます。故に一番得意な分野の工事会社に依頼するということが、安価で間違いのない工事の依頼ができるということになります。


外構工事.proの安心基準

Gコンシェルジュが直営する「外構工事.pro」では岡山県の信頼できる地元の専門業者=プロをご紹介するために独自の評価基準を設けています。
外構・庭づくりの専門家職人歴10年以上で造園施工管理技士・造園技能士・ブロック塀診断士・エクステリアプランナー・樹木医などの資格を持つ岡山県の職人もしくは専門業者のみを厳選しています。
各種メーカー商品の豊富な品揃えお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、予算と美観のバランスの取れた外構・エクステリア・庭づくりを豊富な商品ラインナップ、経験からご提案します。不要なコストを抑える不要なコストは抑えつつ施工次第で品質が大きく変わる外構・エクステリアは安さ!のみではなく、信頼できる業者選びが重要です。
お見積内容も詳しくご説明します。保証やアフターサービスカーポートやフェンスなどのメーカー製品には保証が付いていますが、施工した物の不具合や品質に問題が生じた際にはお気軽にご相談ください。誠実にご対応します。
多様な趣味思考にも対応可能職人や施工業者はそれぞれに特長や得意技術、こだわりを持ち合わせたプロ集団なので、様々なニーズにも対応可能です。
現地調査、見積無料で信頼できる地元岡山の優良企業をご紹介しますので、まずはご相談ください!

お名前 必須
お電話番号(半角) 必須
メールアドレス(半角) 必須
お問合せ内容など 必須
具体的にご入力ください

 

※個人情報の免責事項に賛同されない場合、お申込みをお受けすることができません。
プライバシーポリシー   KG-net利用規約   KGコンシェルジュ利用規約