岡山県の解体工事の費用相場は?

岡山県の解体工事の費用相場ってどれくらい?高くなってしまう要因やコストカットの秘訣も解説しています。ご自宅の建替え、実家の土地活用など、岡山県では解体工事の施工数が上昇中です。解体工事では個人宅を主に解体している施工会社やビルなどの大規模な建物を解体している施工会社など、得意分野や重機の保有などにより解体費用は大きく異なります。
こちらの記事では主に個人宅の一戸建ての解体工事費用を実例交えながらご紹介したいと思います。コストをカットするコツも書き添えていますので最後までお読みくださいね。

岡山県の解体工事費用の相場は? 目次

岡山県の解体工事費用の相場

解体工事費用の相場での多い表記は「坪単価○○万円」という表現になっていることがありますが、この坪単価に何々含まれているのかが分かりにくい要因です。坪単価表示の金額には一般的に家屋解体を行う際に対象とされる最低限のもののみの場合が多く、フェンス、塀、カーポート、倉庫、蔵、植木、生垣、庭石などの付帯物は含まれていません。従い、坪単価×面積=解体工事の総額費用にはならないケースが多いので注意が必要です。
坪単価が安くても付帯撤去や養生が高い、坪単価が高くても付帯撤去や養生が安いなど、外構工事会社により、重機の保有、処理場の保有など、得意不得意の領域があるため、総額の見積りを算出しないと判断はできないものとなっています。
一般的には建物の躯体の構造により単価は異なり、「木造<軽量鉄骨<RC・鉄骨」というように、柔らかい構造は安く、頑丈な構造は高いという傾向にあります。岡山県での解体費用の坪単価相場は、以下のような目安となっています。

躯体構造(上屋のみ)坪単価
木造2.5万円~3.5万円
軽量鉄骨造3.5万円~4.5万円
RC(鉄筋コンクリート)4万円~5万円
鉄骨造4万円~5万円

※地階がある場合は解体費用は坪単価は倍増する場合があります。
※付帯設備(フェンス、塀、カーポート、倉庫、蔵、植木、生垣、庭石)などは含まれていません。

解体工事費用総額の計算方法(岡山県の事例)

木造2階建ての一軒家の計算例をご紹介します。実際に施工させて頂いた実例で計算してみます。

適用内訳金額
建物本体延床面積(120㎡/36.36坪)×坪単価35,000円1,272,600円
シート養生150㎡120,000円
土間コンクリート撤去6坪50,000円
生垣撤去10m70,000円
残置物撤去処分アスベスト、庭石、その他65,000円
機械工具・重機廻送50,000円
諸経費・安全管理費50,000円
合計1,677,600円

 

このように、解体工事費用は相場や坪単価のみでの判断には大きなリスクが存在しています。
建物の立地条件(大型重機が敷地内まで入れるか)、隣家との距離が狭く手作業が多くなるのか、住宅密集地のため、敷地内駐車ができないのか、隣地使用が認められるかなどの要件により、作業の効率性や工事人員の要員数などが大きく異なるため、正確な費用は現地調査を行った上での見積もり作成を行わないと正確な数字は把握できないこととなっています。従い、坪単価の費用相場のみを見ての判断は危険なため、信頼のおけるところで正確な費用を算出してもらいましょう。

解体工事費用相場の幅

最近の重機は性能が格段に向上し、作業効率も上がっています。しかしながらリサイクル関連法規を遵守した場合は、解体した後の分別がより手間がかかるものとなっています。現在は手作業と機械作業の併用を行うケースが多いですが、重機での分別には限界があり手作業で行う方が効率的な場合も多々あります。
また、解体工事業者によっては、産業廃棄物を一時的に保管・分別する土場を所有している場合、解体工事現場での分別は行わず、色々な現場から集められた廃棄物を一気に処理することで業務効率が上がり、より安価に対応できる場合もあります。

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

解体工事費用が高くなる要因

解体工事の相場感で考えた金額より割高だなということも発生します。相場感が狂う一番の要因は解体工事現場の周辺環境での影響が大変多くなっています。

 

 

 

閑静な住宅街

解体工事の現場が閑静な住宅街の場合は、騒音に対しては敏感な傾向にあり、防音対策が必須になってくるため、その分解体工事費用が高くなる傾向になっています。解体工事では、騒音規制法や振動規制法に準拠して対応する必要があり、大型重機を使用せず手作業で騒音を少なくするケースもあり、割高で工期も長くなる傾向となっています。

住宅密集地

解体工事では、隣家との距離が少ない場合や、長屋形式のような建物の場合などは、振動によるひび割れ、撤去しない建造物との剥離作業等、重機を使用せず手作業で工事を進める分、効率化が下がる場合もあります。また、大型重機が入れない場合や大型の運搬車が通れない場合などは、小型の重機にて回数が増えたり、人力で行うなどの要因でコストが上がる傾向にあります。

解体工事現場の周辺情況

解体工事現場の周辺環境が、人通りが多い、幹線道に面しているなどの交通量が多い場所などでは、工事車両の駐車スペースが確保できずに臨時駐車場を手配したり、安全確保のために警備員を配置したりする場合もあり、費用がかさむ原因となっています。

更に、現場周辺が田んぼや畑のような場所では、地盤が緩い場合も多く、そのままの状態では重機が走行できな場合は鉄板を敷いて走行路を強化したり、進入経路上の歩道との段差が高く、そのままでは重機が入れない場合などは切り下げ工事を行う必要があったりと、様々な要因で費用がかさむこととなります。

アスベストの除去が必要な場合

古くに建てられた倉庫の屋根にはアスベストを使用したスレート屋根となっているケースも散見されます。このような場合、飛散性アスベストの場合は大気汚染防止法に則り飛散防止の養生が必要になります。また廃棄物については建設リサイクル法、廃棄物処理法に従い廃棄することとなり、廃棄費用も割高となっています。

地中障害物がある場合

解体工事現場の地面の下には何が埋まっているかご存知でしょうか。これまで解体工事を行った際に出てきたものは、浄化槽、以前の建物の基礎、岩、瓦、コンクリートブロック、農機具、産業廃棄物、古井戸、湧き水など、様々な障害物が出てきています。解体後にその土地を活用しないなら、そのままでも良いかも知れませんが、新たに建物を建てる場合は、地中障害物は撤去し、整地しておかないといけません。このような地中障害物が発見された場合も費用がかさむ原因となります。

特に、地中障害物は事前の現地調査段階で以前の建物の設計図を元に調べて分かる場合と、実際に掘り起こしてでないと分からない場合があるため、事前に見積書にいれておくことが難しいこととなっています。

残地物を残しておかない

残地物とは、建物などに退去の際に残している物品のことですが、一般生活上での廃棄物は一般廃棄物となるため、多くの解体工事会社が取得している「産業廃棄物処理業」や「産業廃棄物収集運搬業」、「産業廃棄物運搬業」では取扱いできないこととなっています。
従い、事前にご自身で処理しておく、もしくは、「一般廃棄物収集運搬業許可」などを取得している業者さんに処理を依頼するなどの対応が必要です。仮にこれらの廃棄物が残っていた場合は、別途手配を行う必要があるため、コストがかさむこととなります。

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

岡山県での解体工事費用の相場のポイント

・建物の躯体により変動「木造<軽量鉄骨<RC・鉄骨」
・地階の有無
・付帯設備の有無
・現場の環境
・現場の周辺環境
・アスベストの有無
・地中障害物の有無
・残地物の有無
これらの要因により、解体工事費用は変わってきますので、様々な状況に対応できる信頼のおける解体工事会社へ依頼することが必要です。

解体工事.proは

解体工事に関する許可証一式の対応、過去の工事実績や事例の確認、契約書の締結、運営企業は上場会社、近隣対策、マナー、迅速な対応、事故発生時補償(損害賠償保険加入)、追加費用の説明、取毀し証明書の対応など、施主様に喜ばれ、ご満足いただける、プロの解体工事会社をご紹介しています。

我々のご紹介ポリシーは、我々社員一人ひとりが「自分の家族や親戚が困った時に紹介したい」と思える企業をご紹介することです。まずは「ちょっと気になっているんだけど・・・」ということからご相談ください。
専門の担当者が親身になり、お客様のお困りごとのご相談から無料見積りの段取りまで真摯に対応させていただきます。

お名前 必須
お電話番号(半角) 必須
メールアドレス(半角) 必須
お問合せ内容など 必須
具体的にご入力ください

 

※個人情報の免責事項に賛同されない場合、お申込みをお受けすることができません。
プライバシーポリシー   KG-net利用規約   KGコンシェルジュ利用規約