ブロック塀耐震診断と撤去補助制度について(岡山市 令和2年版)

ブロック塀が倒壊すると大変危険です。という私も実家を相続した際に、これまであまり隅々まで見ることは無かったので気がつきませんでしたが、じっくりと見てみると、自宅の周りのブロック塀が経年劣化といでも言うのでしょうか。一部はひび割れ、一部は中の鉄筋が見えているという状態。
これではニュースになるのも明日はわが身ということで、どうにかしようかと思案しましたが、調べていると危険なブロック塀の撤去の場合は、岡山市が補助金を支給してくれる制度があると知り、調べてみました。
そんな危険なブロック塀の耐震診断を行う方法と岡山市の補助金制度について伝授いたします。

ブロック塀耐震診断(岡山市版)

 

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]


1.ブロック塀の耐震診断の義務化

2018年のブロック塀倒壊事故に伴い、2018年11月27日、ブロック塀等の耐震診断の義務付けが閣議決定されました。これは、「通行障害建築物に、建物に附属する一定の高さ・長さを有するブロック塀等(補強コンクリートブロック造又は組積造の塀)を追加する」というもので、
建築物の耐震改修の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令となっています。


2.ブロック塀の耐震診断を行おう

ブロック塀は倒壊する場合には大変危険なものですが、お家の外構としては必要なものでもあります。まずはご自身で国土交通省発行のチェックリストに則って安全点検を行ってみましょう。安全点検で不適合な箇所などがあった場合には専門家に依頼しましょう。

ブロック塀の安全点検チェック項目

ブロック塀の点検のチェックポイント


3.ブロック塀の点検チェックポイント

①ブロック塀が地盤から2.2m以上の高さではないか
②ブロック塀の暑さが10cm以上あるか(高さが2m超2.2m以下の場合は厚さは15cm以上か)
③ブロック塀の高さが1.2m以上ならば、控壁(ひかえかべ)があるか。また、控壁が3.4m以下ごとにあるか、控壁の長さが塀の高さの1/5以上あるか
④コンクリートの基礎があるか
⑤ブロック塀に傾きや、ひび割れはないか
⑥ブロック塀に鉄筋は入っているか
塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の場合)

以上の項目で、ひとつでも不適合な箇所があったら専門家に依頼しましょう。


4.ブロック塀の耐震診断の専門家

ブロック塀の耐震診断は、日本建築防災協会が行うRC造、SRC造の耐震診断講習を修了した者、もしくは、ブロック塀などの耐震診断講習会を受講し、協会が発行した修了証を保有している専門家が行うこととなります。
この講習の受講対象は1級建築士、2級建築士、木造建築士と、日本エクステリア建設業協会のブロック塀診断士が対象となっています。


5.ブロック塀の耐震診断費用は?

ブロック塀の耐震診断はブロック塀の検査面積が広くなるほど高額になります。基本的には1mごとに、およそ10,000円程度が相場となっています。尚、岡山市のブロック塀等撤去補助制度(令和2年度版)では、全面撤去の場合のみ撤去費用に対して補助を行う制度となっており、耐震診断については補助金の対象外の模様です。


6.岡山市ブロック塀等撤去補助制度(令和2年度版)の補助対象となるブロック塀

岡山市では、以下の要件を全て満たしているブロック塀については、ブロック塀等撤去補助制度(令和2年度版)の対象としています。

【補助対象】

■申し込みできる方(以下の要件を全て満たすもの)
1.当該ブロック塀等の所有者であること。
2.市税をすべて完納していること。
3.暴力団関係者でないこと。

■補助対象となるブロック塀(以下の要件を全て満たすもの)

1.岡山市内に存するもの
2.避難道路に面しているもの
(建築物に附属しないブロック塀等単体も含む)
3.道路面からの高さ(A)が1m以上のもの
4.道路境界線からの距離(B)が高さ(A)以下のもの
5.危険なブロック塀等であるもの

※ 避難道路
住宅や事業所等から避難所や避難地等へ至る経路、通学路等市が指定する道路
※ ブロック塀等
補強コンクリートブロック、レンガ、石積等の組積造の塀その他これらに類する塀をいう。ただし、土塀、万年塀は除く。
※ 危険なブロック塀等
既存のブロック塀等で、既存ブロック塀等点検チェックリストに不適合項目があるもの。

※令和2年4月13日(月曜日)~令和2年10月30日(金曜日)(受付は先着順です。予算がなくなり次第締め切ります)(ただし、令和2年度内に事業が完成するものに限ります)

補助金額など詳しくはこちらのサイトをご確認ください→岡山市「ブロック塀等の撤去補助制度について」


経年劣化したり、地震などでひび割れたブロック塀は倒壊の危険をはらんでいるかも知れません。倒壊の危険が回避できるように、耐震の点検と診断をぜひ行っておきましょう。


外構工事.proの安心基準

KGコンシェルジュが直営する「外構工事.pro」では岡山県の信頼できる地元の専門業者=プロをご紹介するために独自の評価基準を設けています。
外構・庭づくりの専門家職人歴10年以上で造園施工管理技士・造園技能士・ブロック塀診断士・エクステリアプランナー・樹木医などの資格を持つ岡山県の職人もしくは専門業者のみを厳選しています。
各種メーカー商品の豊富な品揃えお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、予算と美観のバランスの取れた外構・エクステリア・庭づくりを豊富な商品ラインナップ、経験からご提案します。不要なコストを抑える不要なコストは抑えつつ施工次第で品質が大きく変わる外構・エクステリアは安さ!のみではなく、信頼できる業者選びが重要です。
お見積内容も詳しくご説明します。保証やアフターサービスカーポートやフェンスなどのメーカー製品には保証が付いていますが、施工した物の不具合や品質に問題が生じた際にはお気軽にご相談ください。誠実にご対応します。
多様な趣味思考にも対応可能職人や施工業者はそれぞれに特長や得意技術、こだわりを持ち合わせたプロ集団なので、様々なニーズにも対応可能です。
現地調査、見積無料で信頼できる地元岡山の優良企業をご紹介しますので、まずはご相談ください!

お名前 必須
お電話番号(半角) 必須
メールアドレス(半角) 必須
お問合せ内容など 必須
具体的にご入力ください

 

※個人情報の免責事項に賛同されない場合、お申込みをお受けすることができません。
プライバシーポリシー   KG-net利用規約   KGコンシェルジュ利用規約