おしゃれなカーポート 機能とデザイン最新傾向

ご自宅を新築される際や外構エクステリアをリフォームされる際に、カーポートを検討されるケースも多いですが、エクステリアメーカーから発売されている最新のカーポート商品には、性能や価格はもちろん、ご自宅の格を引き上げたり、ご自宅のアイコンとなったりする「デザイン」面も重視したいものです。また、車好きな方は、高価な愛車は汚したくない、大事にしたいと考えるもの。できれば自宅の中にガレージを作って、いつも見ていたい、常に近くに置いておきたいと思っても、敷地の関係や固定資産税のことを考えるとカーポートになってしまう場合も。今回は、そんな車好きの方にも見ていただきたいカーポートを集めてみました。このページでは、最新のカーポート商品の中から、デザイン面を重視したおしゃれなカーポートをご紹介します。これなら真似したい!こんな風にしたいと思う事例ばかりなので、ご参考にしてくださいね。

おしゃれなカーポート 機能とデザイン最新傾向

 

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]


1.お家のアイコンにもなるカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

カーポートのデザインを左右するのはファサードの役目を担う屋根です。一般的なカーポートは、本体の柱と梁と屋根材などで構成されたものが主流で以前は無機質でデザイン性の乏しいものが多く、建物本体とのバランスなどが崩れてしまい、建物のデザイン意匠に合わない場合もありましたが、近年は屋根材や柱のデザインなどが意匠に富んだものが多く発売され、お家の第一印象を担うものとなっている商品などもあります。一番のイメージを印象付けるのは屋根のデザインとスタイルなので建物との一体感を重視してセレクトしていきましょう。


2.フラット型屋根のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

カーポートは屋根の形状によってイメージは大きく異なります。写真のようなフラット型の屋根は、直線的なデザインでモダンな雰囲気を醸し出します。カラーやデザインは洋風的なものや和風的なイメージのものなどがあり、お家のデザイン意匠に則してチョイスしていきましょう。


3.アール型屋根のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

アール型屋根のカーポートは、やさしいイメージを印象付けます。また一般的な力学ではフラットなものよりアール型の方が強度が高いといわれていますが、カーポートについては、積雪などにも耐えられる仕様となっているために、形の違いで強度を考慮することは必要ありませんから、単に受け取るイメージでセレクトしても良いでしょう。


4.片流れのタイプ

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

片流れのタイプとは、片側(側面)に柱を設置するタイプのこと。隣家や建物との位置関係などにより、柱を両側に立てることが難しい場合やなどに採用されています。片流れのタイプは、柱が左右どちらかにしかないので、よく利用するドア側には柱が無いように配置したり、玄関までの通路側には柱が無いようにするなど、どのようなお家にも合う一般的なカーポートとなっています。


5.ファサード一体型のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

最近よく見かけるようになった、ファサード一体型のカーポート。ファサードとは直訳すると正面部分のことを指した言葉ですが、お家の第一印象をイメージ付ける大切な部分です。オープン外構の場合は、塀や門扉などを設けない分、お家の第一印象が不明瞭になりがちですが、写真のようなスタイルのカーポートであれば、カーポートと外構全体の機能性とデザイン性を兼ね備えたものとなります。


6.建物一体型のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

最近増えてきたのが、建物に連結して設置された建物と一体型のカーポートです。車を風雨から守るという機能の他に、玄関までの通路やサービスヤードや勝手口までの通路などの移動時も雨に濡れないという機能も併せ持っています。デザインは、住宅デザイン意匠に則り、すっきりとした、シンプルモダンなタイプや木目調を意識したデザインのものも。


7.複数台用のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

最近では、2台・3台と自動車を複数台所有することもめずらしくなくなり、複数台用のカーポートもたくさんの種類が販売されています。デザイン面ではフラット屋根、アーチ型の屋根と様々なバリエーションがあり、お家のデザイン意匠に合わせてセレクトしてみましょう。敷地レイアウトにより、横に複数台、縦に複数台駐車できるタイプや、1台は正面に向き、1台は縦列にというタイプもあり、自動車以外に自転車なども駐車することを考慮した場合などにも対応できるようになっています。


8.ガレージ型のカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

クローズ外構の役割を担うガレージタイプのカーポートは、固定資産税の課税対象とならないような形状が用意されています。課税対象となるものは、「三方向以上を壁で囲まれている」、「屋根がある」、「基礎が地面に固定されている」という3つの条件を満たした場合となるため、壁は2方向までなどの仕様となっているものが販売されています。このタイプは風雨に当たりにくく、防犯性にも優れているため、クローズ外構の一部として用いるのが良いかも知れませんね。


9.カーポートのカラーにもこだわって

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

カーポートのデザインカラーはお家のデザイン意匠に合わせてセレクトしていくものですが、一昔前までは単一色しかバリエーションがないものもありましたが、最近では多様なカラーが用意され、お家のカラーデザインにも合わせやすくなりました。シルバーやブラック、ナチュラルな木目調などのデザインのものもあり、お家と外構などの全体的な雰囲気のコーディネイトも楽しめるようになっています。


10.最新デザインのカーポート

※画像出典 三協アルミ https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

カーポートは屋根と支柱で構成されていますが、最新のデザインのものは、支柱部分が建物のファサード以上の効果をもたらすものが発売されています。柱は単なる支柱という役目だけではなく、写真のような格子のモダンなデザインのものなどがあり、お家全体の格を一層引き上げる役目を果たしています。


最新のおしゃれなカーポートを選りすぐってみました。デザイン面重視でセレクトするにも、やはり一番重要なのは設置地域に適する性能を有しているかどうか、敷地条件に見合うかどうかです。カーポート本来の役目である、雨や風などから車を守ること、紫外線による色あせや温度上昇を抑える効果があることなどの基本性能を満たしているかどうかが重要ですから、機能面、性能面を十分に検討した上でデザイン性を考えてみてもらえれば幸いです。


外構工事.proの安心基準

KGコンシェルジュが直営する「外構工事.pro」では岡山県の信頼できる地元の専門業者=プロをご紹介するために独自の評価基準を設けています。
外構・庭づくりの専門家職人歴10年以上で造園施工管理技士・造園技能士・ブロック塀診断士・エクステリアプランナー・樹木医などの資格を持つ岡山県の職人もしくは専門業者のみを厳選しています。
各種メーカー商品の豊富な品揃えお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、予算と美観のバランスの取れた外構・エクステリア・庭づくりを豊富な商品ラインナップ、経験からご提案します。不要なコストを抑える不要なコストは抑えつつ施工次第で品質が大きく変わる外構・エクステリアは安さ!のみではなく、信頼できる業者選びが重要です。
お見積内容も詳しくご説明します。保証やアフターサービスカーポートやフェンスなどのメーカー製品には保証が付いていますが、施工した物の不具合や品質に問題が生じた際にはお気軽にご相談ください。誠実にご対応します。
多様な趣味思考にも対応可能職人や施工業者はそれぞれに特長や得意技術、こだわりを持ち合わせたプロ集団なので、様々なニーズにも対応可能です。
現地調査、見積無料で信頼できる地元岡山の優良企業をご紹介しますので、まずはご相談ください!

お名前 必須
お電話番号(半角) 必須
メールアドレス(半角) 必須
お問合せ内容など 必須
具体的にご入力ください

 

※個人情報の免責事項に賛同されない場合、お申込みをお受けすることができません。
プライバシーポリシー   KG-net利用規約   KGコンシェルジュ利用規約