外構(エクステリア)工事でのご近所挨拶とトラブル防止

外構工事は近隣の方にとって不快になる要因がたくさんあります。自分自身ではあまり気にならないことでも、他人からしてみれば迷惑になることもたくさんあります。セメントや土埃、ペンキの臭い、重機の騒音や振動など、工事はお互い様とは言われてはいるものの、事前に挨拶と説明を丁寧に行い、トラブルを回避していきたいものです。

外構(エクステリア)工事でのご近所挨拶とトラブル防止のポイント

 

🏠メールでのお問合せはコチラ
🏠[お電話での問合せ0120-335-332 営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

1.外構工事(エクステリア工事)でのトラブルの原因

外構工事(エクステリア工事)でのご近所トラブルになる原因はいくつかありますが、大きく上げると以下の5つです。

・騒音(重機や話し声)
・粉塵や臭い
・振動
・スタッフのマナー
・工事車両

騒音(重機や話し声)

工事が行える時間帯は騒音規制法と振動規制法により、朝7時から夜7時までの間の10時間以内に行うことと決められていますので、この時間内で工事は行いますが、職種の多様化により夜働いて昼間に睡眠を取られる方や、乳幼児のいらっしゃるご家庭など、日中の時間帯でも小さな音でも人により許容できる音の大きさは異なっています。特に大規模な工事になると使用する重機も大型になり、その騒音もより大きくなってしまいます。さらに重機の音が大きくなるほど、現場の指示する声も大きくなる傾向にあるため、近隣の方の状況を事前説明の際により細かくヒヤリングを行い、できるだけ近隣住民の方のニーズに沿った対応が求められます。

粉塵や臭い

外構工事の種類によっては、既存のエクステリアを解体して更地にした上で新しいエクステリアを造成するケースもあります。解体中にはコンクリートやアスファルトを削ったりして粉塵が飛散する場合も発生します。また、吹きつけ塗装などにより異臭を放つ場合もあります。風向きによっては洗濯物を汚してしまうというケースも考えられます。粉塵や騒音をガードするための養生を行っても完全に遮断できるものではありませんから、ご近所様に協力を依頼する。防御用の養生を個別に対応するなどのことが必要になる場合もあります。

振動

ブロック塀を解体する場合や大型の重機を用いて土地を造成したりする場合は、振動にも十分注意が必要です。セメントや砂利の運搬車の通行による振動、解体や造成する場合の振動などにより、隣家のエクステリアに影響が及ぶ場合もあります。また狭い路地や隣家との距離が少ない場合などは、隣家のブロック塀に接触してしまうということも想定されます。
当然、工事による損害であれば工事を行う施工会社が対応いたしますが、工事による損害とは断定できないケースもあり、その補償をどう対応していくのかということも事前に工事会社に確認しておくことも必要となります。

スタッフのマナー

最近は工事スタッフのマナー教育を徹底している施工会社も増えてきましたが、まだまだ態度やマナーが悪いスタッフがいるのも事実です。声が大きかったり、タバコを吸っていたり、敷地外で休憩をしていたりと、スタッフのマナー不足でのクレームが発生しないよう、施工会社選びでは十分な注意が必要な事項です。

工事車両

外構工事では、トラックや重機の運搬車などの通行や車両の駐車が必ず必要となってきますが、大型車両のために細い路地などでは交通渋滞が発生したり、すれ違いに苦労したりする場合もあります。工事車両の運転者には十分に配慮を行うことを指導を行っていても、回避できない場合もあるため、事前の十分な説明が必要となります。

2.外構工事前の近隣挨拶の重要性

外構工事やエクステリア工事を行う際は、事前の挨拶と工事の説明を丁寧に行うことがトラブル回避のポイントです。工事の日程や時間、交通車両の往来や駐車スペース、連絡先の担当者と電話番号など、できるだけ詳細を丁寧に行うことでトラブルが回避できる確率も高くなります。特に長期にわたる工事や大型重機を使用する場合などは、工事のご案内書をお渡ししできるだけお会いして丁寧にご挨拶を行いましょう。また、工事関係者がご挨拶を行うのは当然ですが、近隣の方との顔なじみの施主様も同行いただけたら、よりトラブルに発展しにくくなるのも事実です。

3.工事日程の変更の場合

外構工事、エクステリア工事の場合、お家の外での工事のため、工事の進捗が天候によって大きく左右されます。また工事業者によっては複数の現場を掛け持ちしている場合もあるかも知れません。一番のポイントは、事前の商談時に工期を明確にしておくこと。工期が延びる可能性を確認しておくこと。工期が延期になった場合にどう対応するのかを双方で合意しておくということとなります。とはいうものの、施主様と工事会社はこれで解決するかも知れませんが、近隣住民の方にとっては工期は予定通りであって欲しいもののはずです。天候不良や近隣対策などにより、工期が延長となる場合もありますが、このような場合は近隣住民の方への配慮が必要となります。
工事日程の変更、工期の延長などの場合は、事前のご挨拶や説明と同様に、改めてのご挨拶を行う方が、トラブル回避には良い対応ではないかと思います。

4.工事後のご挨拶

近隣住民の方との今後の近所付き合いを考えると、工事後のご挨拶はできるだけ行った方が良いということになります。但し、1日のみの小規模なものであればご挨拶は不要な場合もありますが、騒音や粉塵などが発生する場合は1日のみの場合でもご挨拶をしておいた方が得策ではないでしょうか。
また、長期にわたる工事や騒音や粉塵などが発生した場合などは、今後のお付き合いを考え、一言ご挨拶に伺っておくほうがご近所付き合いもスムースになる場合が多いと言えます。

5.ご挨拶の方法

外構工事の近隣へのご挨拶は、基本的には工事会社が行いますが、施主様も同行された方が今後のためにも良いでしょう。では具体的に何をどのように行えば良いのでしょうか。

ご挨拶する範囲

近隣へのご挨拶は昔から「向こう三軒両隣」と言われている通り、両隣と真裏の3軒が最小の基本で、規模により向こう3軒程度までご挨拶の範囲を広げるというイメージです。基本的にご挨拶の範囲が何かのルールで決められているものではありませんから、現場により異なりケースバイケースで相談してご挨拶の範囲を決定していきましょう。また、工事車両の通行で迷惑を被りそうなお宅なども、ご挨拶の範囲に含めておくことが肝要です。

ご挨拶の時期

一般的には工事開始日の1週間前にはご挨拶や説明を行っておきたいものですが、大規模な場合や交通規制などが発生する場合は、日程に余裕を持って行っておきましょう。基本的には工事業者が主導してご挨拶や説明を行う場合が多いですが、できれば施主様も同行しておけば、近隣の方とどのようなやり取りがあったかも理解できるため、トラブル時の対処方法の参考になる場合もあります。

ご挨拶でお伝えする項目

近隣へのご挨拶、説明でお伝えしておいた方が良い項目は以下の通りです。

・工事開始日
・工事終了日
・工事の期間
・工事の時間帯
・施主様の氏名、住所、連絡先
・工事業者の社名、代表者名、担当者名、住所、連絡先
・工事期間中の休日
・工事内容

ご挨拶に持参するもの

外構工事のご挨拶に手土産や粗品を持参する場合も多いですが、絶対に持参しないといけないということではありませんが、丁寧に挨拶を行い、手土産や粗品を持参しておくほうが、追々クレームに発展しにくいということもあるので、ご挨拶のお品を持参することも検討してみましょう。
洗剤などの日用品からお茶菓子などが喜ばれるようですが、あまり高価なものの場合は受け取り手の負担となる場合もあるため、一般的なものの範囲で考えるほうが良いかも知れません。

外構工事、エクステリア工事には、小規模なものから大規模なものまで様々な工事がありますが、ご近所との良い関係を続けていくためには、工事にあたっての丁寧なご挨拶と説明が必須であると言えます。是非、工事会社と一緒に近隣の方へのご挨拶にも同行してみてくださいね。

外構工事.proの安心基準

KGコンシェルジュが直営する「外構.pro」では岡山県の信頼できる地元の専門業者=プロをご紹介するために独自の評価基準を設けています。
外構・庭づくりの専門家職人歴10年以上で造園施工管理技士・造園技能士・ブロック塀診断士・エクステリアプランナー・樹木医などの資格を持つ岡山県の職人もしくは専門業者のみを厳選しています。
各種メーカー商品の豊富な品揃えお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、予算と美観のバランスの取れた外構・エクステリア・庭づくりを豊富な商品ラインナップ、経験からご提案します。不要なコストを抑える不要なコストは抑えつつ施工次第で品質が大きく変わる外構・エクステリアは安さ!のみではなく、信頼できる業者選びが重要です。
お見積内容も詳しくご説明します。保証やアフターサービスカーポートやフェンスなどのメーカー製品には保証が付いていますが、施工した物の不具合や品質に問題が生じた際にはお気軽にご相談ください。誠実にご対応します。
多様な趣味思考にも対応可能職人や施工業者はそれぞれに特長や得意技術、こだわりを持ち合わせたプロ集団なので、様々なニーズにも対応可能です。
現地調査、見積無料で信頼できる地元岡山の優良企業をご紹介しますので、まずはご相談ください!

お名前 必須
お電話番号(半角) 必須
メールアドレス(半角) 必須
お問合せ内容など 必須
具体的にご入力ください

 

※個人情報の免責事項に賛同されない場合、お申込みをお受けすることができません。
プライバシーポリシー   KG-net利用規約   KGコンシェルジュ利用規約